単身赴任する時は|予算内で一人暮らしを実現|家電レンタルで即日入居

単身赴任する時は

ソファー

なるべく物を買わない

学校に通う子供がいる家庭では、親が勤務先から転勤を命じられた際に、家族が別々に暮らす方法を選択するケースが少なくありません。特に受験を控えた子供がいる家庭では、転勤を命じられた親だけが単身赴任することになるケースが多いです。もちろん、赴任先に行きっぱなしになって元の勤務地に戻って来れるあてが全くない場合は、家族の在り方そのものを考えてみる必要があります。しかし、数年程度で元の勤務地に戻って来れることが約束されているのなら、単身赴任という形でやり過ごすのが一般的です。1人暮らしとはいえ、転勤先でしばらくの間生活することになりますので、家具や家電製品が必要になります。ただし、それらの物を全て買い揃えても、数年で不要になってしまいます。短期間しか使わない物を購入するのはとても不経済ですので、家具レンタルサービスを利用する方がよいです。

安上がりになります

家具レンタルサービスを利用するよりも激安店で必要な家具や家電製品を買ってしまった方が安くつきそうな印象がありますが、案外そうでもありません。自分で買った場合は、製品に不具合が生じた際の修理費を自分で負担することになります。また、家族の元に戻る時に、いらなくなった家具や家電製品をどうするかで困ることになります。全て家族の住む家に持っていくということになると、当然ながらその運送料がかかります。また、スペースに余裕があればよいですが、置き場所がなくてトランクルームを借りるということになれば、その賃料がかかります。もちろん、処分するにしてもタダでは処分できません。何かと費用がかかるため、家具レンタルサービスを利用した方が結果的に安上がりになる可能性が高いです。家具レンタルサービスを利用すれば、製品に不具合がある場合はすぐに良品と交換してもらうことができます。また、いらなくなった家具や家電製品の処分で頭を悩ませる必要もなくなります。